ものづくりの現在を未来に残す…

工場ものがたり

テーマ:「注目される次世代技術の現状と今後の展望」

 

概要:

パワーエレクトロニクスは電気・電子装置、産業用機器、自動車、太陽光発電システムなど

幅広い領域での利用が期待されており、中でもSiC(炭化ケ イ素)半導体は省エネ素子としての

研究開発が国内外で活発に行われております。こうした背景を踏まえ、日本が世界をリードする技術

として実用化に向けた動きや、さらには将来展望などについてご講演を頂きます。

皆様のご参加をお待ちいたします。

 

詳細:

2016年2月5日(金)13:00~18:30(受付開始12:30~)

13:00 – 13:20 開会挨拶
(国研)産業技術総合研究所関西センター所長 長谷川 裕夫
日刊工業新聞社 取締役 西日本担当兼大阪支社長 曽根 洋一
13:20 – 14:20 基調講演「実用化進むパワー半導体SiCの最新動向」 
講師:京都大学 名誉教授 松波 弘之氏
14:20 – 15:10 講演1「パワーエレクトロニクス革新の意義、国内の現状と産総研の取り組み」
講師:(国研)産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター
研究センター長 奥村 元氏
15:20 – 16:10 講演2「産業機器におけるパワエレの適用と効果」
講師:大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授 舟木 剛氏
16:10 – 17:00 講演3「三菱電機の次世代パワーエレクトロニクスの開発戦略」
講師:三菱電機株式会社 開発本部 役員技監 大森 達夫氏
17:00 シンポジウム終了
17:10 – 18:30 交流会:会費制 

 

主催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所、日刊工業新聞社、モノづくり日本会議
後援:近畿経済産業局
会場:大阪科学技術センター 大阪府大阪市西区靱本町1-8-4 TEL: 06-6443-5324

 

詳細はコチラから!→http://www.cho-monodzukuri.jp/event/c_event_list/345